季節を彩る、自然の花や植物などをモチーフにした美しい小紋の懐紙。
風に吹かれて舞い上がる桜が、春霞の中でぼんやり目に映る情景を描いた懐紙です。
懐紙はお茶のお稽古にはもちろん、お菓子をいただく時の敷き紙のほか、
一筆箋として、また折りたたんでぽち袋としてもお使いいただけます。

また、バッグにひとつ入れておくだけで、お菓子を取り分ける際や、
包む、ぬぐう、メモ、ハンカチ、ちり紙、
便箋など様々な用途で活躍する優れもの。
無地の懐紙にはない、活版印刷ならではの風合いと色の濃淡が特徴のデザインです。

懐紙は和の魅力を感じさせる、“こころを伝える”和のこもの。
お茶の席にて、素敵な懐紙が一役かってくれます。
おもてなしのちょっとした演出にも御使用いただくと喜ばれます。


季節を彩る、美しい懐紙。ほんのりと淡い朧さくらの絵柄です。
お茶会の時、お茶席でお菓子を食べるときにお使いいただける、上品でさりげない色柄。
粋でおしゃれなお菓子受けとなります。

また、ちょっとした一筆箋にも。
ひと言、「ありがとう」を伝えたい時に。。。

小さく折ってミニぽち袋にもなりますので、
普段も引出しやポーチなどにしのばせておくと、重宝します。
お菓子などちょっとしたものを包んだり、 “寸志”、“おこづかい”を入れたりと、、、
万能で便利な包み紙となります。

ハンカチやティッシュがわりに、さっと 「懐紙」を差し出すのも、
大人の女性らしい素敵なしぐさです♪
ぜひ、ご活用くださいね。


懐紙はお茶席以外でも使える便利な、昔ながらの和紙小物です。
ぜひ、いろいろな用途に、おしゃれにお使いください。


■サイズ等■
■サイズ:約14.5×17.5cm 30枚
素材  和紙

*パッケージ等は、変更になる場合がございます。中身の絵柄は変わりません。
*懐紙を入れるのにぴったりな「懐紙入れ」と、あわせてどうぞ♪